2006年02月28日

ココイチのキャンペーン

今日はお昼にカレーハウス COCO壱番屋に行きました。
そうすると只今キャンペーン中です。

昨年もやってましたスプーンのキャンペーンです。
昨年に引き続き、1000店舗達成記念で
創業当時の味「グランドマザーカレー」が対象の抽選でした。

昨年は店内の告知チラシが良くできていました。
創業からの歴史を感じさせ、ともするとファーストフードみたいに早い、安いというイメージでとらわれがちになるのを、実は「味」なんです、と訴えていました。
こうしたヒストリー(歴史)を語るのはブランドの価値を高めるのに有効ですね。

今年は同じくこだわりのスプーンが景品ですが、
スプーンをデザインしたというタレント3人の写真とコメントを前面に出すことで、また「こだわりの味」を訴えてます。
もちろん3人は実際の商品開発とはほとんど無関係でしょうが、十分効果的であるといえるでしょう。

ただ、難点がひとつ。
グランドマザーカレーがおいしくない。
主観でしょうが、少なくともココイチの通常ラインとは違う方向性にあり、既存顧客にうけいれられるとは思えません。

でもIRの資料でグランドマザーカレーが好評だったので。
と書いてます。

思うに、昨年グランドマザーカレーが売れたのは、スプーンキャンペーンの力だったのではないでしょうか。

もっといい方法があるのではないかと思います。

つづく

2006年03月01日

ココイチのキャンペーン(2)

前回のつづき

ココイチキャンペーンをもっと良くするアイデア@

対象商品を増やす
今回はハズレ券を10枚集めると、「もれなく」交換できます。
しかし!
グランドマザーカレーを誰が2ヶ月の期間中に10回も食べるでしょうか?
仮に他の種類のカレーだとしても同じです。一つのメニューをそう何度も続けて食べたい人などいないはず。みんなで協力して交換するという手はあります。でもそれでスプーン一本。

ココイチはロゴ変えたり、改装したり、高級路線を進めています。(資料
それらの施策と合わせて、というかそれが目的ですが、メニューの高価格化をすすめてます。
具体的には厳選ココイチなど特別メニューを投入しているわけです。

そうした「厳選」メニューの浸透を目的にするといいと思うのです。

そうすると‥
@いやいやグランドマザーカレーを食べなくても良い→お客様に喜ばれる
→ココイチうれしい

Aいろんな厳選メニューを食べる機会ができる→いいじゃんとなるお客様もいる→ココイチうれしい

Bスプーンのこだわりと厳選。それぞれの雰囲気がリンクし相乗効果→ココイチのイメージがよりアップ→ココイチうれしい

Cさらにタレント3人がメニュー開発(もちろん形だけでもOK!)→話題性プラス→メディアに取り上げられ宣伝になる→ココイチうれしい

Dさらにさらにタレントメニューの人気対決!をする→話題性プラスプラス→‥


いかがでしょうか?
創業当時の味よりおもしろい企画になりませんか?

でもグランドマザーカレーはそれはそれで別の方法で使えばもっといいと思います。

つづく

2006年03月06日

ココイチキャンペーン(3)

ココイチキャンペーン(2)のつづき

グランドマザーカレーの使い道

ココイチの創業当時の味であるグランドマザーカレーはせっかくですから創立記念日などに周年記念の感謝キャンペーンに使うといいのではないでしょうか。

ココイチはそれほど古くからある、信頼されるイメージの店とはいえません。
以前は大盛りカレーを食べ切れたらタダ、といったこともやっていました。そのため、安価なイメージだったり、大盛りのイメージだったりと、今目指しているような高級路線とはかけ離れた印象をもった方も多いと思います。

そんななかで、もともと喫茶店の一メニューだったカレーが出発点というストーリーはブランド価値の向上につながるでしょう。

それをさらに効果の高いタイミングで行なうために、実は今年25周年という意外に長い歴史といっしょにアピールすべきです。
ここは、ぜひとも
「おかげさまで○○周年!一週間だけ復活!創業の味『グランドマザーカレー』」
などのかたちで行なえばいいと思います。

このような形であれば、現在のココイチファンもありがたくグランドマザーカレーをいただけるというものです。

2006年03月24日

ウケる!宅配サービス!!

乗り遅れないでください!
高齢化社会、女性の社会進出などを背景に
宅配サービスが今後重要度を増します。続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。