2006年06月15日

新事業アイデア!「老働力検定」

これからの高齢化社会。
企業からスキルを持った人材が失われることが懸念されます。

若い世代へのスキルの伝承がスムーズに行なえるか、
そもそも、伝える相手がいるのか、
企業によってさまざまな状況があるでしょう。

いずれにしても、
企業にとって、抜けてしまうのが惜しい人材や
他社を退職したら招きたい人材など
高年齢者にも求められる人材がいることは確かです。

そうした時代の到来に合わせてみたアイデアです。

「老働力検定」!!


つづく
posted by sindanichiro at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産本部>老働力検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

「老働力」検定の理念【経営理念】

高年齢者の仕事力を測る老働力検定。
起業する意味は‥

続きを読む
posted by sindanichiro at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産本部>老働力検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

老働力検定の事業領域【ドメイン】

新事業アイデア「老働力検定」は
どのような事業領域で
行なえばいいのでしょう?

続きを読む
posted by sindanichiro at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産本部>老働力検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

新事業【老働力検定】のターゲット


事業のドメインを表すには、
@誰にA何をBどのように
で表せます。

@誰に
とは、いわゆるターゲットのこと
と、とらえてかまいません。

老働力検定では、
企業と労働者の双方をターゲットにします。

そして
A何を
ですが、
両者をマッチングすることが
老働力検定の存在意義です。

企業には労働者を
労働者には企業を、
それぞれのニーズにあった
就職をプレゼントするのです。

じゃあ、
どうやればそれができるのか?


つづく


続きを読む
posted by sindanichiro at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産本部>老働力検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

新事業【老働力検定】の価値の提供方法

老働力検定、
どのように価値提供すべきでしょうか?

若年層ターゲットの転職市場では
「エージェント」が両者の希望やキャリアを聞いて
マッチングを行ないます。

定性的な方法が中心です。

高年齢者対象の老働力検定では、
定量的な数字をつかうべきだと思います。続きを読む
posted by sindanichiro at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産本部>老働力検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。